統一特許裁判所および単一特許

統一特許裁判所および単一特許

2023年、新しい裁判制度と新しい特許がスタートします。

新しい統一特許裁判所は、参加するすべてのEU加盟国の侵害や取消を一度に処理することになります。統一特許裁判所は、それぞれの国の侵害と取消を扱う現在の各国裁判所とは別に位置付けられます。

新しい単一特許は、参加するすべてのEU加盟国において単一効力を有する欧州特許です。すなわち、侵害と取消は、統一特許裁判所ですべての加盟国について同時に処理されることになります。

欧州特許出願の出願と審査は、従来通りのままです。単一特許を取得するためには、欧州特許の付与公開から1ヶ月以内に、単一効力の請求を行わなければなりません。そうしますと、いくつかの国では単一特許、その他の国では欧州特許の従来の国内部分とする複合的な保護が可能になります

 

単一特許

すなわち、右側の青色で示した国は欧州特許のみが利用可能であり、緑色で示したEU加盟国は単一効特許または欧州特許のどちらかを選択することになります。

出願人は、欧州出願が自動的に欧州特許として付与されるか、または、単一効力を求める請求を行い利用可能な国(緑)で単一特許を、その他の国(青)で欧州特許を取得するかを決断する必要があります。

統一特許裁判所

統一特許裁判所

統一特許裁判所
は、参加するすべてのEU加盟国の侵害や取消を一度に処理することになります。統一特許裁判所は、それぞれの国の侵害と取消を扱う現在の各国裁判所とは別に位置付けられます。

出願人は、既に付与された欧州特許と出願中の欧州特許の全てにおいて統一特許裁判所が自動的に管轄権を有するか、または、各国の裁判所が侵害と取消について個別に管轄権を有するようオプトアウト要求を提出するかを決断しなければなりません

 

 

この判断についても、異なる効果に基づくことが可能です:

  • 統一特許裁判所管轄であれば、侵害または取消はすべての国で一度に決定が下されます。すべての国で単一的な効力を持つ侵害判決は、出願人にとって大きな勝利となり、すべての国で単一的な効力を持つ取消判決は、出願人にとって大きな損失となり得ます。
  • オプトアウト要求された場合、国内裁判所は、各国に対して別々に権限を有する今まで通りです。つまり、一つの国の侵害判決はそれほど強力ではなく、一つの国の取消判決はそれほど危険ではありません。出願人は、非常に強力な特許に対してのみ統一特許裁判所を選択し、他の特許出願や特許をオプトアウトすることになるかもしれません。
  • 統一特許裁判所の自動的な権限、または国内裁判所への権限にオプトアウトするかの判断は、訴訟費用の違いにも基づくことが可能です。
    • 訴訟が12カ国で予定されているか、予想されている場合、国内裁判所の方が費用が安いようです。
    • 3カ国以上で訴訟が予定されている、または予想されている場合、統一特許裁判所の方が費用が安いようです。
  • また、オプトアウトが撤回可能であることも判断材料となり得ます。オプトアウトした後、オプトインすることは可能です。しかしながら、2回目のオプトアウトはできません。

Maiwald UPC Videos

Maiwald UPC videos is a comprehensive series of videos dedicated to the Unitary Patent and the Unified Patent Court, providing you with insights on how to prepare for the new patent and the new court system. We will also provide you with strategies and roadmaps when being faced with the decisions whether a Unitary Patent or a classic EP patent may be the best option and whether the Unified Patent Court or an opt out to the national courts may be the best option.

Preparation for the Unitary Patent and the Unified Patent Court

In this video Dr-Ing. Sophie Ertl (Partner at Maiwald) gives you an overview on the new system and some guidelines on how to decide between the different options.

To the video

Translation requirements, early request for unitary effect and request for delay in issuing the decision to grant

In this video Dr Tobias Philipp (Patent Attorney at Maiwald) discusses translation requirements, the early request for unitary effect and the request for delay in issuing the decision to grant a Eu...

To the video

The Unified Patent Court. Structure and Jurisdiction.

In this video Heike Röder-Hitschke (Counsel at Maiwald) will make you more familiar with the unitary patent court, its organizational structure, jurisdiction and procedures, summarizing the basic ...

To the video

Opting-Out

Dr Ulrike Herr (Partner at Maiwald) explains the meaning of opting-out. Specifically, the focus is on effects and limitations of opting-out, as well as on opting-out strategies. The video will also...

To the video

よくあるご質問(FAQ)

この判断は、例えば、特許の異なる効力に基づくことが可能です:単一特許の場合、侵害または取消は、統一特許裁判所ですべての国において一度に決定が下されます。例えば、すべての国で単一効力を持つ侵害の肯定的な決断は、出願人にとって大きな勝利となり、すべての国で単一効力を持つ取消の決断では、すべての国で一度に特許を失うため、出願人にとって大きな損失となりえます。出願人は、非常に強力な特許に限り、単一特許を選択することになるかもしれません。

単一特許欧州特許のどちらを選ぶかは、年間費用の違いに基づいて判断することも可能です。

  • 欧州特許を3カ国以下で有効にする場合、欧州特許の方が安価です。
  • 欧州特許を4カ国以上で有効にする場合は単一特許の方が安価になります。

  • 出願人が欧州特許に決断した場合、何もする必要はありません。単一特許を選択した場合は、単一効力を請求する必要があります。出願中のすべての欧州特許について、単一特許を希望する場合は、その旨を弊所にお知らせください。
  • 出願人が単一特許を選択したが、単一特許が得られる前に特許が付与される可能性がある場合、特許付与の延期および/もしくは早期の単一効果の請求が可能な場合があります。

  • 出願人が統一特許裁判所の管轄と判断を下した場合、何もする必要はありません
  • 出願人が国内裁判所の管轄と判断を下した場合は、オプトアウトの請求をする必要があります

すべての欧州特許出願と欧州特許について、どちらの裁判システムを希望するかお知らせください。出願人がオプトアウトを決断した場合、統一特許裁判所の開始の少し前のいわゆるサンライズ期間が始まるときに、この要請を提出しなければなりません。

その理由は、統一特許裁判所の手続が既に開始されている場合には、オプトアウトはもはや不可能となるためです。

現時点では、統一特許裁判所と単一特許の開始時期は確定していません

新制度の開始は2023年前半を予想しています。

オプトアウトのサンライズ期間の開始は、統一特許裁判所と単一特許の開始日の3~4ヶ月前、すなわち2022年12月または2023年1月になる可能性があります。

UPC タスクフォース

Feel free to contact our UPC taskforce if you have any questions on the Unitary Patent System: upc@Maiwald.eu