法務領域 特許&実用新案 補充的保護証明書 商標&意匠 著作権 競争法&独占禁止法 コンプライアンス 契約法 職務発明法 薬事法 データ保護 植物品種保護 専門領域 人工知能とデジタル化 製薬&バイオテクノロジー 有機化学&ポリマー 無機材料&建築材料 食品&農業 電気工学&機械工学 コミュニケーション&情報技術 モビリティ&エネルギー ディスプレー&照明 計測技術&プロセスエンジニアリング 医療技術&とイメージング 戦略 IP戦略コンサルティング IPリサーチ

法務領域

植物品種保護

植物品種保護もまた知的財産権の1つです。一般的に適用可能な工学的教示を保護する特許法とは異なり、植物品種保護は、植物育種の分野において繁殖功績にのみ開かれています。植物品種保護法は、品種が保護の対象となる時期、すなわち次の基準を満たしているかどうかを正確に規制しています:新規性(品種は少なくとも1つの特性において既知の品種とは異なるものでなければならない)、均一性(全ての植物において識別特性としての特徴が均一である)、安定性(繰り返し増殖させた後でも識別特性としての特徴は変わらない)および登録可能な品種識別を有する名称。種子や苗木などの特定の繁殖材料だけでなく、後続の世代のために1品種の全ての遺伝情報も保護します。このように、植物品種保護は、新品種の育種に関連した生産者の財政的、時間的支出を補償し、より効率的かつ耐性力のある品種の創出という一般的な農業、林業の利益を奨励します。当事務所は国内外の様々な品種の植物品種保護の取得や行使の支援をいたします。

Partners

Counsels